今年流行りのチェック柄は?

今年のチェック柄は、パンクでいく?それとも、レディーにいく?

 

ブーム継続中のチェック柄。

 

今年の流行チェック柄は、パンクっぽいテイストと、大人のレディを思わせるチェックに分かれています。

 

グッドガールだけのチェック柄じゃないパンク精神で着るチェックと、マニッシュなチェックを細部のディテールでレディに昇華させたチェック。

 

チェック柄は、イギリス発祥の長い歴史を持つファブリックです。その伝統に甘んじることなく、進化を続けているチェック柄は、パンクにもレディライクにも変身して今季も活躍中です。

 

パンクなチェック柄

 

アシメントリードレス ヴェルサーチ(VERSACE)

ワンショルダーと、チラッと見える真っ赤とグレンチェックのきりかえが、ボディラインを強調してセクシーなドレスワンピースです。赤×黒が刺激的なパンク。

 

ツイードジャケット ソニア・リキエル(Sonia Rykiel)

ソニアらしいジャケットラインに、ポケットや襟、袖の切りっぱなしの端と、大きめの安全ピンがパンキッシュ。ブラックベースのチェックが正統派でありながら、パンクなジャケット。

 

ブラック×ホワイトスカート バレンシアガ(BALENCIAGA)

ツイードと黒ウール地を留めた斜めに並ぶシルバーメタルが、スパイシーなパンクテイスト。アシメントリーな布使いも、今年らしいスタイルです。

 

 

レディライクなチェック柄

 

ファースリープコート マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)

グレーをベースに深いグリーンと淡いオレンジの格子チェックに、肩からの袖がファーになっています。袖ののファーが、グラマラスでレディな気分を盛り上げます。

 

アシメントリーなワンピース ステラマッカートニー(Stella McCartney)

メンズライクなチェックを、アシメントリーなカッティングで女性らしい揺れるシルエットに仕上げています。非凡なデザイン力を感じるワンピです。

 

パッチワークジャケット エトロ(ETRO)

ヘンリーボーン、ツイードなどのグランパ調の素材を、パッチワーク風にデザインしたジャケットは、襟、袖、ポケットのワンポイントの配色が大人のムーディを表現しています。