2016-2017秋冬トレンド

アンバランスだけど、何かかわいい…その秘訣はスタイリング力

 

2016年〜2017年シーズン、レディースファッションブランドの海外のコレクションで目についたのは…

 

素材にとらわれず、いろいろなものを自由にミックスすることです。

 

常識にとらわれず、自由にコーディネートすると、当然、アンバランスになるわけですが、そこは、全体の雰囲気をまとめる「スタイリング力」によって「何かかわいい」「新しい!」っていう印象を持たれるような着こなしが目立ちました。

 

 

GUCCI(グッチ)の最新バナルガールスタイル

 

バナルガールスタイル

今年トレンドのボウタイブラウスに、ニットベストやテーラードジャケットを重ねた着こなしがGUCCI(グッチ)の定番スタイリングです。

 

ヴィンテージライクなプリントをスーツやドレスでも提案しています。

 

ロマンティックだけどジェンダーレスという、複雑な世界観をレイヤードで表現しています。


 

MIU MIU(ミュウミュウ)のネオガーリーコーデ

 

ネオガーリーコーデ

大胆な足し算で、ガーリーな旬のシルエットを提案しているのがMIU MIU(ミュウミュウ)です。

 

ガーリーを軸にして、シャツ×オーバーサイズニット×ハイウエストスカートで、現代的なバランスを演出しています。

 

千鳥格子やストライプ、パイソン柄、ツイード、ニット、エナメルなど、いくつものプリントや色、素材を重ねてハイブリットなガーリーコーデに仕上げています。


 

LOEWE(ロエベ)のパワーウーマンスタイル

 

パワーウーマンスタイル

素材や色の強さを尊重しながらも、アイテムを重ねることで、その境界線をなじませる新鮮なコーディネートです。

 

ツヤのある鮮やかな赤のワイドパンツに、薄いパープルのタートルネックと70年代風のロングジレをあわせて、強い女性を表しています。

 

スパイスとなる、サングラスやベルトなどの小物使いで、少し近未来的な雰囲気を出しています。


 

LOUS VUITTON(ルイヴィトン)のシックレイヤード

 

シックレイヤード

大人の引き算スタイルのお手本にしたいのが、LOUS VUITTON(ルイヴィトン)のシックなレイヤードです。

 

パンツルックは一見シンプルですが、ホワイトのハイネックとブラックのVネックニットのレイヤード技や、ハイウエストな位置にトップの上から重ねるチェーンベルト使いは、計算されたテクニックです。

 

パンツ丈は、足首が見える丈で、抜け感をプラス。

 

カラーやアイテムを厳選して組み合わせるだけで、シックレイヤードなスタイリングに変化します。


「大人可愛い」の最近のトレンドは、やり過ぎず、さりげなく

 

ロシャス(ROCHAS)、エンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)などなど…。

 

2016年の秋冬の海外のファッションショーでは、大人のスイートスタイルを提案するブランドも目立ちました。

 

フリルやボウブラウスなど、20代後半だけじゃなく、30代、40代になっても、心ときめくディテールをデザインに取り入れた甘めのスタイルです。

 

 

今年のトレンドは…

 

ベタな甘さのてんこ盛りではなく、あくまでさりげなく

 

…っていうところがポイントです。

 

例えば、ヴィクター&ロルフのトレンチコートでは、ワンピースにショート丈のトレンチコートをレイヤードしたようなデザインで、裾のディテイルでフリルを実現。

 

ナチュラルな感じで大人の甘さを表現していました。

 

また、エンポリオ・アルマーニからは、袖口にラッフル(ひだひだになった飾り)をあしらったブラックのジャケットが登場。

 

シックな色合いに、妖艶な大人の可愛さをプラスすることに成功していました。

 

海外コレクションのトレンドを受けて、プチプラ系ブランドの今年の秋服の新作も、「大人可愛さ」を、さりげなく主張するアイテムが多くなっているようです。

 

春夏のガウチョパンツの流れを継承する秋冬っぽい色合いのワンドパンツ、ざっくりと編み上げた暖かみを感じるニット、さらには、綺麗なシルエットのミディ丈のスカートなどなど…。

 

秋冬っぽく、ちょっとシックでありながらも「大人ガーリー」なアイテムが増えています。

 

また、マニッシュなチェスターコートにレディなプリントスカートを合わせたり、カジュアルな太めのパンツには上品なつば広帽子を合わたり、程よくバランスを取ったミックスコーディネートも多くなっています。